top of page
検索
  • takawiwanna

農園レポート 0326

この2週間での大きな出来事は、木に花が咲いたことです。大体全体の3〜4割ほどでしょうか。この期間に大雨が数回降りました。その後に一⻫に開花しました。


花が咲いた木は、翌シーズンに実が成る事を意味します。まだそれほどの量ではないかもしれませんが、 今シーズンよりは多くの収穫が見込めると思います。


コーヒーは実が付き始めるまで 3 年から 4 年と言われていますので、順調と言えると思います。次回の収穫期が楽しみです。




前回、苗木栽培所の修繕をお伝えしましたが、栽培スペースが不足していることから、農園にも栽培スペ ースを設けました。こちらがその様子です。




苗木といえば、今まで植えてきたコーヒーの品種はアラビカ種の中のカツアイ、カトゥーラと言われるものでしたが、今回栽培種の一部に S L34という品種を加えました。


農園の中には育ちの悪い場所がいくつかあり、そうした所に植えるため、より強い品種として S L 34 を選びました。雨季に入ったタイミングでこちらも定植して様子を見てみるつもりです。




その他、農園の様子です。




P1




P2




P3




P4




P5





P6







閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page