top of page
検索
  • takawiwanna

農園レポート1010


写真もご参照いただきたいのですが、段々畑がだいぶ整ってきました。例年通りなら今月末までには雨季が終わって晴れ間が続くようになり、そうすると土地が固まってきますので、段々畑にしていくのが難しくなってきます。いいペースで作業ができたと思います。


雨季の終わりが近いせいか、少し前よりも晴れ間を見ることが増えてきましたが、地域によっては街が冠水して大きな被害が発生しているところもあり、まだ安心はできないのかなと思います。乾季には雨が全く降らなくなりますから、程々の雨ならむしろ今のうちに降っておいてほしい気持ちではあります。


その後のコーヒーの木の盗難ですが、今の所防げています。農園の見晴らしを良くしたことと、セキュリティを置いたことが功を奏しているのかもしれません。乾季が進んで地面が固まってくると、盗難対象になっているある程度成長した木は抜き取りにくくなってくるので、乾季は盗難の心配が幾分減っていくのではないかと現地では話しています。





下記の計測記録ですが、どうもあんまり正確ではないようです。恐らくメジャーを置いた位置や計測部分がずれたりしているのかと思います。あくまで長期的な成長の目安として見ていただければと思います。

11月から私が現地入りする予定です。樹高以外にも土壌の様子やエリア別の成長度合いなど、より情報量を増やせればと思っています。




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page